不妊症や出産にお困りの方をサポートしている溝口博士のセミナー情報サイトの用語集です。

サイトマップ
お問い合わせ

トップページ » 用語集

用語集

妊娠や医療などに関する用語集の一覧です。

妊娠

妊娠には、二段階あります。
第一妊娠期は、受精し、着床したときです。
第二妊娠期は、第8~9週目に、胎芽状態から胎児に移行するときです。このときに、赤ちゃんの魂が宿って人間となるのです。

出産

赤ちゃんが、母親の胎内から産道を通って外の世界に出ることです。
このときに、非常に大きな変化が体内に起きます。この変化は、赤ちゃんが産道をとおることによって、それが刺激になって起きることです。

母親の体が赤ちゃんを育てる体になるために重要な意味があります。
その一つが母乳です。赤ちゃんが産道を通る刺激が母乳の分泌を促し、最初に出る初乳によって赤ちゃんの免疫力を付けます。

つわり

“つわり”には、大きく分けて2つの役割があります。
一つは、デトックスです。第一妊娠期の“つわり”は体内に溜まっていた毒素が赤ちゃんに悪影響を与えないように速やかに排出させようとおきます。

二つ目は運動です。
妊娠後期になると大きくなったお腹を支える筋肉が必要です。もし、普段から運動を全くしたことが無いと、お腹を収縮させて子宮周りの筋肉を鍛えるために“つわり”が起きます。
こちらは、第二妊娠期まで続きますので、とても辛いものです。
できれば、妊娠前からしっかり足腰を鍛えておきましょう。

流産

流産は、基本的に病気ではありません。
一般的に流産は病気と考えるのですが、遺伝子の異常など一部を除いては、次の妊娠への体が行うリセットになります。

繰り返し流産する場合は、このリセットを失敗した場合です。
流産の対処法は、出産後と同じく特殊ですので、「しあわせ出産・育児マニュアル」を参考にしてください。

冷え性

不妊の主な原因の一つに冷え性が挙げられます。
冷え性の原因は、実はストレスです。ストレスの多い生活をしていると、冷え性がいつまでたっても治らないために妊娠できないのです。

排卵日:妊娠しやすい日

一般的に、妊娠しやすい日を知る方法として一般的に使われている方法です。
また妊娠したい懐妊目的の方は平行して基礎体温法なども行うとより効果的です。

排卵日を知る方法で有名なものに「オギノ式」があります。1942年に産婦人科医の荻野久作氏によって発表された計算方法です。
一般的には、妊娠しにくい日を知るために使われることがありますが、本来妊娠するための計算法です。

これは、あくまでも目安ですので、確実に妊娠できると勘違いしないようにしましょう。
ただ、妊娠できる時期は、ご自身の体に感じるようになっていますので、体を敏感にして、感じ取る方が正確だと考えています。

排卵日の計算方法は、下記のサイトで簡単に計算できます。

こちら:http://hairanbi-checker.com/

ページの先頭へ戻る